旬の食材

いかなご

いかなご

様々な呼ばれ方

どんな大きさでもそれぞれ美味しく食べられるいかなごは地方や大きさによって呼び方が異なります。大きな物は「大女子(おうなご)」や「めろうど」、小さい物は「小女子(こうなご)」や「新子」「こな」など、様々な呼び名、それぞれの地方で親しまれています。

豆知識

いかなごは低水温を好み、夏の間は夏眠しています。春先になるとお店に入荷するのは冬に生まれたばかりの稚魚。釘煮にするのに最適!釘煮の名前の由来は「錆びた釘のような見た目」から来ているそうですよ。

食べ方

春の風物詩であるいかなごのオススメ調理法はもちろん釘煮!しかし定番のしらす干しやかき揚げももちろんオススメです。

栄養素

丸ごと食べる魚なので、カルシウムを効率的に摂取できます。そのカルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含まれているため、骨を健康に保つのに一役!

バックナンバー