スタッフレポート

2014年12月30日 年末恒例!祝い鯛の炭火焼!

あけましておめでとうございます!
今年最初の更新は、年末に行ったシェフ恒例の祝い鯛の炭火焼の様子をお伝えします!

20年以上に渡り、シェフが大事にしている伝統行事。
それがこの祝い鯛の炭火焼です。

今回はその鯛を焼くまでの手順をご紹介!
まずはもちろん鯛を準備します。そして一匹一匹鱗を取ります。


その後ブロックの上に乗せるために串を刺し、炭火で焼いていきます。


焼き具合は一匹ずつチェック!ひとときも目が離せません…。

そうして出来上がった鯛がこちら!
こちらは小サイズなので30分足らずで焼き上がりますが、
大きくなったら40分、50分、根気よく焼きます。
生焼けでもだめ、焼きすぎても味が落ちてしまう、絶妙な作業です。

この後はシェフむすめも一緒になって、夜の8時頃までかけておよそ200匹を焼き終えました!

焼いている途中に立ち寄って下さったお客様からのご質問をご紹介。
Q1. 今買えるの?→祝い鯛は予約制となっています。しかし余分に焼いておりますので、
その余った分を31日の朝オープンと同時に店頭にて販売いたします。

Q2. いくら?→2014年は「小:1980円」「中:2980円」「大:3980円」(全て本体価格)が予約のお値段で、当日販売分は各サイズ500円ほどアップします。

Q3. 他の店舗でもやってるの?→はい、全店で実施しております。

Q4. おいしそー→はい、美味しいんです。一匹一匹気持ちを込めて焼いてるんです…!


従業員一丸となって焼き上げる祝い鯛。「毎年美味しそうだなって思って予約しようと思ってるんだけどなー」と言いながら通り過ぎていくお客様の多かったこと…!
今年はこちらのサイトでもアピールしていきたいと思います。
今年もシェフカワカミをごひいきに!よろしくお願いいたします!