スタッフレポート

2014年9月25日 兵庫県「かみのこしひかり」

着々とファンを増やし続けている「かみのこしひかり」
新米の季節になるとお客さんから「いつ入ってくる?」とお声がけ頂くこともしばしば。
今回はそちらの生産者さんのところにお邪魔しました!

「かみのこしひかり」を作っていらっしゃるみなさんです。
三田の山々に囲まれた自然豊かな土地で「かみのこしひかり」は生まれます。


残念ながら私たちが訪れた時、収穫は既に終わっており、稲穂の写真は撮れませんでした(つд-。) こちらが精米される直前、いわゆる玄米の状態です。

しかし今回のメインは、お米を作るのにとっても大事な「水」!
「かみのこしひかり」は山から湧き出る自然の水をひいているんです。
そちらの源流を辿っていざ山中へ!
林の中を車で5分ほど登っていって…見つけました!

こちらの透き通った源流を動画でご覧下さい!


飲んでみるととっても柔らかく、少し甘みさえ感じられました。
こんなおいしい水をぜいたくに使って作られた「かみのこしひかり」は10月4日に販売開始!
11月末にかけて販売しますが、なくなり次第終了となります。

毎年大人気なこちらの新米。今年は特に出来がいいとのこと。
なくなる前にぜひお買い求め下さい!!