スタッフレポート

2014年8月22日 坂元さんのぶどう

坂元さんのぶどう畑
残暑に差し掛かった8月末、シェフチームは9月に旬を迎える、 岡山県の坂元さんのぶどうの様子を見に行きました。
標高はおよそ450m。この大自然の山で坂元さんのぶどうは作られています。


さっそく畑まで降りてぶどうを見せてもらいに行きました!
カバーを取ってもらいます 大粒のぶどう!
一枚一枚かけられている袋を取ってもらうと現れたのはまるまると張りのある大きなぶどう!

割れ目から溢れ出す果汁
また別のぶどうをあけてもらうと、割れてしまっていましたが、果汁が溢れ出しています。 したたる果汁から甘くていい匂いが漂っています。


ぶどう畑は背が低い
さらに下の畑に降りるとそこは主にマスカット系のぶどうが育てられていました。
背が高いシェフチームの面々はこうして腰を屈めないと中を歩けません。

紙の色が違う
先ほどのぶどうとこちらのマスカット、さらにそのマスカットの中でも紙の色が違うのは、 この紙の色によって中のぶどうの色も変わってくるからなのだそう! 色が少し違っただけで買い取りの値段も全然違うとのこと。
とても丁寧に作られているんですね。


桃太郎
その中でとっても変わったマスカットがあるとのこと。
それがこちらの「桃太郎」!一粒一粒が桃のような形をしているんです! 変わった見た目をしているだけではなく、味もしっかりとした味わい。

桃太郎の木

坂元さんのところにある桃太郎の木はこの一本のみ。 一本の枝からほぼ一房ずつになるように間引いているそうです。まさに量より質!


坂元さん こうして坂元さんがひとつひとつ手間をかけて育ててくれたぶどう。 ご覧になって頂けたように、他のぶどうと違うのはその粒の大きさ、そして張り。 また味の点でも群を抜いており、とにかく濃い!
果物に目がないシェフむすめは初めて食べた時に感動し、 誕生日が9月なので誕生日プレゼントと自分に言い訳してたくさん買いました(笑)


シェフむすめも大絶賛!
坂元さんのぶどうがみなさんのお手元に届けられるのは9月の上旬です!
プレゼントにも自分へのご褒美へもぴったり!楽しみにしていてくださいね。
坂元さんのぶどう