スタッフレポート

2014年7月29日 夏の火祭り 土用の丑

炭火焼うなぎ
冬の火祭り・祝い鯛の炭火焼同様、毎年恒例行事! 全店全社員あげて店頭でうなぎを炭火で焼き上げます!
本日は桜塚店からの様子をレポート!



社員自ら焼いてます! お値段そのまま! シェフのうなぎはもちろん国産!愛知県の「新仔」うなぎです。
社員自らが一つ一つ焼くという手間を入れてもお値段はそのままにしてあります。
安心・安全・美味しいものをみなさんに食べていただきたい!
シェフはいつもそれだけのために頑張っています!

さて、社員のみなさんの様子は?
仲良しシェフチーム 味付けされるスタッフ 暑い中、和気あいあいと楽しそうですね(笑)

真剣にうなぎを焼くシェフ社員達
おふざけも入れつつ、もちろん真面目に焼いていますよー! せっかくのうなぎも焦げては台無し。常に目が離せません!
後ろではウェブサイトチームの一員が写真を撮っていますね。



炭火で焼いてます 炭火で焼いてます
これだけ炭から網が離れていても焦げる時は焦げるんです…。
炭火の火力は凄い! じっくりじっくり、焦らずに焼き上げます。

せっかくなので昼前からはうなぎの肝も登場しました♪
うなぎの肝も炭火で

炭火焼のうなぎ うなぎをパックするスタッフ
さて焼き上がったうなぎがこちらです!
お買い上げいただいた焼き上がりをその場で女性スタッフが袋に入れていきます。

土用の丑が来ると夏本番といった感じがしますね。
シェフの炭火焼うなぎで暑い夏を乗り切るスタミナをつけて下さい!
炭火焼うなぎ